「食事の量が少ない!」囚人が刑務所訴える ニュースなブログ。

事件、事故、エンタメ、スポーツ、経済、社会ニュースをお届け。

ホーム > スポンサー広告 > 「食事の量が少ない!」囚人が刑務所訴えるホーム > > 「食事の量が少ない!」囚人が刑務所訴える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「食事の量が少ない!」囚人が刑務所訴える

誠安開運★E229-24★天然石ラピスラズリ円珠ネックレス

新華社ワシントン(米国):アメリカ・アーカンソー州ベントン郡の刑務所に、殺人容疑で収容されている容疑者が投獄から8ヶ月で体重が187キロから140キロに減少した。この囚人は、「刑務所の食事の質が悪く、お腹がいっぱいにならない」として裁判を起こしている。
AP通信27日付の報道によると、この容疑者は昨年9月、暴行致死と放火容疑で刑務所に入れられた。現在、裁判での審理が始まるのを待っているという。
容疑者は起訴状のなかで、「食後1時間で空腹感を覚える。栄養不足で視力も落ち、気を失いかけたこともある」と訴えている。さらに容疑者は、囚人たちに暖かいご飯を提供するよう要求した。食事はこれまで、ずっと冷めたものが出されていたという。
この刑務所の所長は、次のように弁解している。「囚人たちには毎日、平均3000カロリーの食事を出している。伝統的な西洋食の1日あたりのカロリーも、2000-3000カロリーだ」。
【翻訳編集:JCBB(H.A)/G-SEARCH】


(引用 livedoorニュース
スポンサーサイト
[ 2008/04/28 13:52 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。