[アオサンゴ]一面に広がる群落 沖縄・大浦湾 ニュースなブログ。

事件、事故、エンタメ、スポーツ、経済、社会ニュースをお届け。

ホーム > スポンサー広告 > [アオサンゴ]一面に広がる群落 沖縄・大浦湾ホーム > > [アオサンゴ]一面に広がる群落 沖縄・大浦湾

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[アオサンゴ]一面に広がる群落 沖縄・大浦湾

極上の美味しさを逃さない、こだわりの「Taste in 製法」キャトリート 魚とチキン
 今年は「国際サンゴ礁年」。沖縄県名護市の大浦湾では、一面に広がるアオサンゴの群落が柔らかな日差しを受けて輝く。表面は褐色だが、骨格内部が青いことからこの名がついた。サンゴが林立する一帯は、ハマクマノミやアマミスズメダイなどの小にとって格好の隠れ家となり、多様な生態系をはぐくむ。 群落は米軍普天間飛行場の移設予定地、辺野古崎の北東約3.5キロの海域にある。昨秋に調査をした地元の自然保護団体が偶然、発見した。アオサンゴは切れなく縦約50メートル、横約30メートルに広がり、世界最大級といわれる白保の群落(同県石垣市)に次ぐ規模だ。 最大の特徴は群落の形状。高低差で最大12メートル、垂直に切れ込んだ壁を持つ「サンゴの台地」があり、起伏に富む。群落を調査した南山大の崎茂和教授(環境学)は「この形状の群落は世界的にも珍しい。オニヒトデの食害や海水温上昇による白化、赤土流入の影響を受けなかったという意味でも大変貴重な存在...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース
スポンサーサイト
[ 2008/04/29 17:02 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。