[堺ヘリ墜落]操縦士が難病の疑い 検査医も承知か ニュースなブログ。

事件、事故、エンタメ、スポーツ、経済、社会ニュースをお届け。

ホーム > スポンサー広告 > [堺ヘリ墜落]操縦士が難病の疑い 検査医も承知かホーム > > [堺ヘリ墜落]操縦士が難病の疑い 検査医も承知か

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[堺ヘリ墜落]操縦士が難病の疑い 検査医も承知か

●格安落札必死!OPEN最強オークション●銀河系のような美しさ ブルーサンドストーン ブレスレ...
 堺市で昨年10月、小型ヘリコプターが墜落して搭乗者2人が死亡した事故で、死亡した操縦士の男性(当時40歳)が約6年前から、難病の「サルコイドーシス」に罹患(りかん)していた疑いのあることが、関係者の話で分かった。国土交通省はサルコイドーシスを操縦不適合の難病としている。検査医が病気を知りながら「適合」の証明書を交付していた可能性もあるという。 事故との因果関係について、同省航空・鉄道事故調査委員会は「病気が影響した可能性は低い」としている。 サルコイドーシスは、臓器にの塊のようなものができ、呼吸障害や、かすみといった視力低下などの症状が出る。今回の操縦士を「適合」としたことについて、検査医の勤務先病院は「事実関係を調査する」と説明。操縦士が所属する「大阪航空」(大阪府八尾市)は「病気のことは知らなかった。病気には見えなかった」と話した。【小林慎】

(引用 livedoorニュース)
スポンサーサイト
[ 2008/05/02 00:48 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。