[北京五輪]開幕まで100日…当局「臨戦態勢」 ニュースなブログ。

事件、事故、エンタメ、スポーツ、経済、社会ニュースをお届け。

ホーム > スポンサー広告 > [北京五輪]開幕まで100日…当局「臨戦態勢」ホーム > > [北京五輪]開幕まで100日…当局「臨戦態勢」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[北京五輪]開幕まで100日…当局「臨戦態勢」

【05.01登録】全品ポイント10倍 5/2(金)9:59まで マンダム プロデュース 髪のエイジケア美...
 【北京・浦松丈二】北京五輪の開幕(8月8日)まで30日で「あと100日」となり、中国各地で華やかなイベントが繰り広げられた。中国は5月1日からメーデーの3連休に入ることもあり、当局は五輪関連行事を狙ったテロや妨害を警戒し、厳戒態勢を敷いている。胡錦濤指導部はチベット暴動後、高揚する愛国主義の抑制や、五輪の安全確保に向け全力を傾注していく。 「われわれは一層冷静な頭脳を保ち、あふれる愛国の情熱を『あらゆる困難を克服し、五輪を立派に開催する』という強い力に結集しなければならない」。中国共産党ナンバー4の賈慶林・全国政治協商会議(政協)主席は30日、北京で開かれた五輪100日前イベントで強調した。 中国ではチベット暴動と海外での聖火リレーの妨害以降、民族主義が高まっている。ネット上では1日から仏大手スーパー「カルフール」に対する新たな不買の呼びかけが続く。「カルフールの最高経営責任者はダライ・ラマ14世を支援している」との情報が今もネット上で流れる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース
スポンサーサイト
[ 2008/03/21 03:15 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。