対テロ部隊チェチェン撤収へ ニュースなブログ。

事件、事故、エンタメ、スポーツ、経済、社会ニュースをお届け。

ホーム > スポンサー広告 > 対テロ部隊チェチェン撤収へホーム > 911テロは陰謀だった > 対テロ部隊チェチェン撤収へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

対テロ部隊チェチェン撤収へ

TITLE:露 対テロ部隊チェチェン撤収へ
TRACKBACKURL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090328-00000043-maip-int
 【モスクワ大前仁】ロシア南部チェチェン共和国で、独立派武装勢力を壊滅するため駐留しているロシア軍のうち、中心的役割を担ってきたテロ対策部隊の撤収が本格的に始まる。ロシア政府は31日にもチェチェンに敷かれていた「対テロ作戦体制」の解除を決定する見通し。99年に始まった第2次チェチェン紛争収束を象徴する動きとなるが、背景にはロシアで経済危機が深刻化し、財政的に治安部隊を維持できなくなっている事情がある。 メドベージェフ大統領は27日、ボルトニコフ連邦保安庁(FSB)長官に対し、チェチェン情勢について「大部分が正常化しており、通常の生活に戻っている」と述べ、99年の軍事進攻時から同共和国に発令しているテロ対策部隊の活動指令の解除検討を指示した。 一方、グリズロフ下院議長は、部隊撤収について「世界的な金融危機の状況下で大きな負担となっている」と財政的な理由を挙げた。 現在チェチェンに駐留しているロシア軍・治安機関の部隊は約5万人。そのうち内務省などのテロ対策部隊2万人が完全に撤収し、今後は軍の通常部隊が治安維持に当たる。 最近のチェチェン情勢安定化について、人権団体などは、親露派のカディロフ共和国大統領が私兵組織を駆使して恐怖で住民を抑えつけている点を指摘している。ロシア部隊の撤収で、カディロフ氏の強権支配が拡大する可能性もある。 また、チェチェン周辺のイングーシ共和国やダゲスタン共和国では、今月も武装勢力と治安当局の小規模な交戦が続いており、中核部隊の撤退後、カフカス地方の治安が不安定化する恐れもある。そうした不安を抱えながらも、「正常化」を強調して撤退を急がなければならない財政状況にあるわけだ。 ロシア軍は99年9月に同共和国に軍事進攻し、00年2月に首都グロズヌイを制圧。その後もモスクワ劇場占拠など独立派武装勢力のテロ攻撃は相次いだが、06年7月に最強硬派指導者バサエフ氏が死亡した後は大きなテロ事件は起きていない。【関連ニュース】 北朝鮮ミサイル:露「衛星なら決議に違反せず」 米に通告 北朝鮮「衛星」:ロシア外務次官が「発射を自制すべきだ」 オバマ大統領:NATO事務総長と会談 アフガン安定化で オバマ大統領:中露首脳と会談へ 4月にロンドンで オバマ大統領:「強いドル」強調



福島弓子 不妊
子宮内膜症 不妊
不妊治療助成金
不妊 外来
不妊 手術
子宮筋腫 不妊
不妊 サプリ
弓子 不妊
当帰芍薬散 不妊
マカ 不妊
花粉症 症状
花粉症 対策
花粉症 薬
花粉症 ヨーグルト
花粉症 治療
花粉症 病院
花粉症 注射
花粉症 鼻栓
じゃばら 花粉症
花粉症 咳
花粉症 目薬
花粉症 グッズ
花粉症 頭痛
花粉症 時期
つくし 花粉症
花粉症 漢方
花粉症 のどの痛み
花粉症の薬
花粉症 漢方薬
耳鼻科 花粉症
花粉症 お茶
べにふうき 花粉症
子供 花粉症
花粉症 原因
花粉症 肌荒れ
甜茶 花粉症
スポンサーサイト
[ 2009/03/29 21:04 ] 911テロは陰謀だった | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。