李大統領「親日問題、功罪の判断はバランスよく」(下) ニュースなブログ。

事件、事故、エンタメ、スポーツ、経済、社会ニュースをお届け。

ホーム > スポンサー広告 > 李大統領「親日問題、功罪の判断はバランスよく」(下)ホーム > > 李大統領「親日問題、功罪の判断はバランスよく」(下)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

李大統領「親日問題、功罪の判断はバランスよく」(下)

近世仏教思想の独創
 李明博大統領はさらに「新しい政府が家庭の修復運動を行おうとしているが、宗教界も積極的に協力してほしい。国民の意識を正そうとするのは、政府が模範を示して水を染みこませるように行わなければならず、これこそ宗教指導者の方たちの力が必要だ」「われわれが仕事に熱中している間に、国民の意識がバラバラになってしまった。家族関係や上の人を敬うのと同様、韓国の誇り高い精神的遺産が、西洋文明の影響で緩んでいると思う。学校教育を正すという基本的な精神も、情緒教育を強化するということだ」と語った。 キム・ヒジュン主教は孝の価値を強調し、「家庭がしっかりする必要がある。家族文化が正されれば、高齢者問題も解決する」との考えを示した。成均館の崔根徳館長らは、「新政府が経済再生ばかりを強調しているので、情緒教育や倫理・道徳教育を疎かにしているかのような印象がある」と指摘した。 李大統領は「政府が前面に立って、エネルギー節約のための規制を行うのは正しいことではない...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース
スポンサーサイト
[ 2008/04/03 03:40 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。