ホーム > スポンサー広告 > 911テロ後に発足されたトライベッカ映画祭、今年が改革のとき!記者会見に潜入!ホーム > > 911テロ後に発足されたトライベッカ映画祭、今年が改革のとき!記者会見に潜入!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

911テロ後に発足されたトライベッカ映画祭、今年が改革のとき!記者会見に潜入!

日本初!充実の潤いにうっとり・・・な美容液!!ハードリンクルエッセンス【60925】
 第7回トライベッカ映画祭の開催記者会見が4月23日(現地時間)ニューヨークで行われた。今回の会見で一番驚いたことは、前年に比べ大幅に減った取材陣の姿。減少の理由の一つとして、ここ数年間の急激な規模の拡大に対して運営が円滑に進んでいなかったことが挙げられている。それはメーン会場の欠落、参加作品数の多さ、チケット代の値上げなどにより、徐々に記者たちの関心が薄れていったことにある。 こうした経緯から主催者側は映画祭を根本から見直し、映画祭のルールを改善していった。主催者側は、週末のチケット代を下げ、作品の本数も世界31か国から、去年にくらべ40本減となった120本を選考。たとえ本数が減ったとしても、ニューヨークが持つ多面性を生かした映画祭ならではの作品選考が行われたという。 審査員を務めるダグ・リーマン監督は「興行的に成功した映画を作ると、どうしてもカリフォルニアに住んでいるように思われるが、ずっと私はニューヨークで暮らしてきた...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース
スポンサーサイト
[ 2008/04/09 22:37 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。