市民記者がきっかけだった「ビターゲート事件」~佐藤 美玲レポート ニュースなブログ。

事件、事故、エンタメ、スポーツ、経済、社会ニュースをお届け。

ホーム > スポンサー広告 > 市民記者がきっかけだった「ビターゲート事件」~佐藤 美玲レポートホーム > > 市民記者がきっかけだった「ビターゲート事件」~佐藤 美玲レポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

市民記者がきっかけだった「ビターゲート事件」~佐藤 美玲レポート

写真や音楽データを チャーミーキティに保存しよう!!チャーミーキティSDカード 512MB
 4月22日、約1カ月半ぶりの予備選が行われるペンシルバニアでは、大差で勝ちたいヒラリー・クリントン、逆転勝利を狙うバラク・オバマが、最後の票の掘り起こしに駆け回っている。

 そのペンシルバニア州都フィラデルフィアで16日、ABCテレビ主催で両候補の討論会が開かれた。討論会はこれで21回だが、前回対決(2月末)から間が空いていた。

 加えて、オバマが同州の労働者層について、「経済的困窮や政治不信に落ち入った人々は苦々しい(bitter)思いを抱き、銃や宗教にすがり、自分と違う人間や、移民や貿易問題に対して反感を持つことで不満を解消しようとしているのは、理解しがたいことではない」と語ったことが、4月11日明らかになった。そのため、「労働者を見下したエリート的発言」との批判を呼び、「ビターゲート」(ニクソン元大統領を辞任に追い込んだウォーターゲートに引っ掛けた)と名付けられて、ここ数日、大騒ぎになっていた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース
スポンサーサイト
[ 2008/04/13 17:10 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。