アプリケーションの速度を決めるのは「車線の数」ではなく「制限速度」 ニュースなブログ。

事件、事故、エンタメ、スポーツ、経済、社会ニュースをお届け。

ホーム > スポンサー広告 > アプリケーションの速度を決めるのは「車線の数」ではなく「制限速度」ホーム > > アプリケーションの速度を決めるのは「車線の数」ではなく「制限速度」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アプリケーションの速度を決めるのは「車線の数」ではなく「制限速度」

■SALE☆限定■操作簡単、ピンポイントで目的地設定■特別特価◆4.3型 パーソナルカーナビゲー...
 ブルーコートシステムズは4月16日、プロキシを中核としたアプリケーションの制御とアクセラレーション(高速化)を推進していくという同社の戦略説明会を開催した。

 「この25年間、業界はルータに基づいたパケット配信ネットワークを構築してきた。今後はアプリケーションに関する問題を解決するため、第2のネットワークとして、プロキシを核としたアプリケーションデリバリネットワークを提供していく」(米ブルーコートシステムズのアジア・パシフィック・セールス担当シニア・バイスプレジデント、マット・ヤング氏)。

 ブルーコートによると、国内の企業においても、日本版SOX法への対応などで首都圏のデータセンターにサーバを集約・統合するケースが増えているが、それに伴いアプリケーションのレスポンスの悪化が問題になってきているという。

 ヤング氏によると、この問題は、単純に帯域を追加するだけでは解決が困難だ。多くのアプリケーションは、もともとWAN越しではなくLAN上で動作するように設計されており、遅延の問題に悩まされることになる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)
スポンサーサイト
[ 2008/04/16 00:44 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。