X線観測で2個目の新天体発見 ニュースなブログ。

事件、事故、エンタメ、スポーツ、経済、社会ニュースをお届け。

ホーム > スポンサー広告 > X線観測で2個目の新天体発見ホーム > エンタメ > X線観測で2個目の新天体発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

X線観測で2個目の新天体発見

X線観測で2個目の新天体=実験棟「きぼう」の監視装置-宇宙機構 - 時事通信

X線観測で2個目の新天体=実験棟「きぼう」の監視装置-宇宙機構
時事通信
宇宙航空研究開発機構は22日、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」に設置した全天X線監視装置(MAXI)が、2個目の新天体を発見したと発表した。 宇宙機構によると、新天体の発見は9月下旬に続くもので、「MAXI J1409-619」と命名 ...

and more ?




きぼう

きぼうは国際宇宙ステーションを構成する日本・宇宙航空研究開発機構 (JAXA) 保有の実験棟。JEM(日本実験棟)。
日本はアメリカ合衆国が1980年代に、西側諸国の結束の象徴として、国際宇宙ステーション建設を主張した当初から参加を訴えており、宇宙ステーション計画自体は幾度の変遷を経たが、日本の立場・方針は変わらず一貫して参加を表明してきた。そのなかで日本は費用面だけでなく、構成するモジュールの建設にも意欲を示し、宇宙開発事業団(当時)が製造・保有・運用を担当することとなった。開発費用は約1800億円と見積もられている。
JEM「きぼう」は室内実験棟、保管棟、船外テラスの三つの区画で構成されている。実験棟と保管棟は地上と同じ1気圧の空気が保たれ、飛行士はシャツ一枚で過ごせる。また、保管棟と船外テラスの一部は取り外すことができ、スペースシャトルなどで地上に持ち帰ることが可能である。「きぼう」の管制は全て日本で行う。なお、打上げ後の年間維持費は300億円と予想される。しかしこれはあくまで「きぼう」の維持費のみであり、国際宇宙ステーション ISS参加国の義務として年間2回宇宙ステーション補給機 HTV(約140億円/機)をH-IIBロケット(約100億円/機)で打ち上げる必要があり、これを含めると一年間に必要な金額は800億円程度となる。これは宇宙航空研究開発機構 JAXAの年間予算約1800億円の半分近くである。そのため、もしJAXAの予算が増やされないまま「きぼう」の本格運用が始まれば他のプロジェクトに回す予算がなくなり、「きぼう」以外の宇宙開発は大幅な停滞を余儀なくされることは確実である。なお、付け加えればJAXAの予算が増額される動きは皆無である。


ウィキペディア(Wikipedia)フリー百科事典





宇宙に秘められた謎
価格: 1,995 レビュー評価:4.7 レビュー数:50
商品副データホーキング博士のスペース・アドベンチャー2ルーシー・ホーキング/スティーヴン・ウィリアム・ホーキング岩崎書店この著者の新着メールを登録する発行年月:2009年07月登録情報サイズ:単行本ページ数:299pISBN:9784265820122⇒第1弾『宇宙への秘密の鍵』⇒『銀河鉄道999』関連本◆まるごと宇宙特集今年は「世界天文年」!親子で楽しめる図鑑や関連本をチェックホーキング博士のスペース・アドベンチャー第2弾!今回も、心踊る冒険物語と科学コラム、美しい宇宙の写真がひとつになって登場。人類が行ってきた宇宙探査の歴史や、そのために開発されてきた探査ロボット、そして地球外生命の可能性
Supported by 楽天ウェブサービス





悩み解消

ワイン通販

水道水 残留塩素の危険性と常識

ペットの健康と長生きする為の秘訣/a>

体重が減らない人の健康的に痩せる為の秘訣

原因を知って便秘を解消する為の秘訣

原因を知ってアトピーを改善する為の秘訣

原因を知って老化を予防する為の秘訣

元気で健康と長生きする為の秘訣
スポンサーサイト
[ 2010/10/22 19:56 ] エンタメ | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。