マイケル・ジャクソン、21歳当時の秘蔵インタビュー ニュースなブログ。

事件、事故、エンタメ、スポーツ、経済、社会ニュースをお届け。

ホーム > スポンサー広告 > マイケル・ジャクソン、21歳当時の秘蔵インタビューホーム > 911テロは陰謀だった > マイケル・ジャクソン、21歳当時の秘蔵インタビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マイケル・ジャクソン、21歳当時の秘蔵インタビュー

1980年1月に収録された、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の秘蔵インタビュー音源『インタビュー・バイ・ジョン・ピジョン』(総収録分数35分32秒)が高品質音楽配信サイト「e-onkyo music」で10月7日から有料ダウンロード配信を開始しました!

 このインタビュー音源は、1980年1月、当時21歳のマイケル・ジャクソンがイギリス人のジャーナリスト、ジョン・ピジョンのインタビューに答えた録音で、13歳の妹ジャネットが同席しています。マイケルはモータウンでのジャクソン・ファイブのキャリア、ダイアナ・ロス、クインシー・ジョーンズとの出会い、ジェイムス・ブラウンやスモーキー・ロビンソンからの影響、そして自分のアーティストとしてのゴールについて語っています。

 「自分の未来は、どう映っているか?」の質問に対して、マイケルは「僕は個人的に、密かに、深いところで運命というものが存在すると感じている。そうして僕はただひたすら、そのトラックの上を歩み続けるだけなんだよね。そう、過度の露出によって、疲労困憊する人が大勢いるのは、それは事実だけど、でもそういうことは、この僕には起こらないことを祈っているよ。僕はステージが何よりも好き。うん、テレビではなく、ステージがいい(苦笑)」と答えています。

 このインタビューは、マイケルに単独で行なう予定だったのですが、インタビュー当日、マイケルの広報担当者からの申し入れにより、妹ジャネットの立会いのもと、ジョン・ピジョンがジャネットに質問し、ジャネットがマイケルに質問するという変則的な形で行なわれました。ジョン・ピジョンは当時を振り返り「その当時、すでに有名であったマイケルへの変則的なインタビューには違和感があった。けれどもポップスターとは、そういうものではないか。あの時、そこには“人間”マイケルがいた。しかし、その後あらゆるものがもの凄い力で彼を“キング・オブ・ポップ”への座と押し上げ、それが彼自身を変えていってしまったのではないか」と回想をしています。

 今秋、公開される話題の映画『マイケル・ジャクソンTHIS IS IT』で発表されると言われている幻の新曲「THIS IS IT」は、このインタビューの前年に発売したアルバム『オフ・ザ・ウォール』時に録音されていました。そのような経緯から言ってもマイケルが肉声で、デビューからビッグ・ヒットの裏側を語る今回のインタビュー音源は、世界的なブレイク直前の貴重なインタビューと言えるでしょう。

 このインタビュー音源には有料ダウンロード購入者への特典として英語原文、日本語の対訳が付けられています。同サイトはあわせて「We Are the World -USA for Africa-」(1985年)、そしてマイケルのベスト・ヒット曲を網羅したピアノ・インストver.のトリビュート・アルバムの有料ダウンロード配信も開始しています。あわせてチェックを。



無料ゲーム

売れ筋ランキング
スポンサーサイト
[ 2009/10/08 20:23 ] 911テロは陰謀だった | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。